栗本夏樹 Natsuki Kurimoto

 

「命の再生」をテーマに作品を制作。車のボンネット、使われなくなった梱包材、その他日常の様々なものに本来の用途とは違った新たな命を漆によって吹き込む。

その形や色彩はどこか可愛くユーモラスで、作家の優しい視点と愛情で満たされている。

 

 

1961 大阪府に生まれる

1984 個展(ギャラリーすずき、京都)

1985 京都市立芸術大学美術学部工芸科漆工専攻卒業

1987 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了

1989 サントリー美術館大賞展 89(サントリー美術館、東京)

1993 第10回咲くやこの花賞(大阪市文化賞)

1994 小清水漸・栗本夏樹「現代の造形・かたちといろ」(西宮市大谷記念美術館、兵庫)

   Japanese Desing展(フィラデルフィア美術館、アメリカ)

1995 日本の現代工芸ー伝統と前衛ー展(ヴィクトリア&アルバート美術館、UK)

   美の予感(高島屋、東京、京都、大阪、横浜)

1996 現代美術の展望 VOCA展(上野の森美術館、東京)

1999 A Grand Desing展(ヴィクトリア&アルバート美術館、UK)

2000 文化庁派遣在外研修員としてイギリスに滞在(~01)

2001 オックスフォードシャー・アートフェスティバル(イギリス)

2003 日本の美術・伝統と変容(アメリカ)

2004 新しい漆のかたち・3人の日本の漆作家(アメリカ)

2006 ジュエリーの今・変貌のオブジェ(東京国立近代美術館工芸館)

2016 琳派400年記念特別表彰(京都市自治記念式典)

2017 第35回京都府文化賞功労賞受賞

 

現在 京都市立芸術大学工芸科 漆工研究室教授

 

 

 

 

Back→